復旧・復興

被災地を支え、復興へと導く施設

広域的で災害に強い道路ネットワークは、産業を支え、地域経済を活性化する。災害時には、避難路として、あるいは救援道路・緊急輸送道路として機能する。
岩手、宮城、福島3県の海岸堤防や河川堤防は、数十年から百数十年に一度の発生が予想される津波を想定した高さを設定。これらの施設は、沿岸地域の復興を防災面から支えることとなる。



詳しくはこちら >>