道路啓開(くしの歯作戦)

命の道を切り開く、一刻を争う戦いへ。

「くしの歯作戦」とは、内陸部を南北に貫く東北自動車道と国道4号から、「くしの歯」のように沿岸部に伸びる何本もの国道を、救命・救援ルート確保に向けて切り開く作戦のこと。
想像を超える巨大津波は、太平洋沿岸の各地に壊滅的な被害をもたらし、がれきや橋の流出で沿岸部の各地を孤立させた。地震発生直後、国土交通省 東北地方整備局の災害対策室には、幹部や職員が続々と集結。 道路関係事務所や出張所と連絡を取り、被害確認と対策立案を急いだ。そして、直ちに、命の道確保に向けてルートを切り開く「くしの歯」作戦を決行した。


がれきを処理し、段差を直し、救命・救援ルートを切り開いた。

負傷者の命を救い、被災者に緊急物資を届けるルートを確保せよ。
被災直後に立案された「くしの歯作戦」のもと、道路の「啓開」が実施された。啓開とは、切り開くこと。 県の職員、陸上自衛隊、地元の建設会社、国土交通省 東北地方整備局の職員たちが一丸となって、がれきの中を突き進んだ。余震が続き、津波警報が出されている中、「一人でも多くの命を助けるために」という思いで懸命の作業が続いた。それにより、翌日の12日には11ルート、15日には15ルートが開かれ、救急車や警察、自衛隊などの緊急車両が通行可能に。
医療チームも被災地に入る事ができ、支援物資なども届けられることとなった。

詳しくはこちら >>


道路啓開(くしの歯作戦)に関する伝承看板

救援ルートを切り啓いた「くしの歯作戦」(釜石市)

設置場所 : 岩手県釜石市鈴子町 (釜石駅前広場内) MAP

 巨大津波により、国道283号と国道45号の交差付近には約2㎞にわたり瓦れきなどが堆積し、緊急車両等の進入が出来ない状況だったが、自らも被災者である地元の建設業者、国、地方自治体、自衛隊など、関係機関は、被災直後に立案された“くしの歯作戦“ のもと、一丸となって「道路啓開」を実施した。
 また、“くしの歯作戦“ルートの一つである国道283号では、甲子跨線橋(仙人峠道路)の背面に段差が生じていたことから、地元建設業者らで夜を徹して作業を行い、翌日夜に応急復旧を完了させた。
 これらの「くしの歯作戦」により、被災2日後には内陸部からの救命・救援ルートが確保された。 


救援ルートを確保した道路啓開「くしの歯作戦」(宮古市)

旧 宮古市役所 敷地内(岩手県宮古市新川町2-1) MAP

 太平洋沿岸に押し寄せた津波により、大量のがれきが道路に流出し、沿岸各地が孤立した。
 地元建設業者、国、自治体等関係者らは、震災直後に立案された「くしの歯作戦」のもと、一丸となって道路啓開を実施し、沿岸被災地での救助活動、物資輸送を可能とした。
 宮古市役所前の国道45号、国道106号は、震災時に「くしの歯作戦」として道路啓開を行った箇所であり、道路啓開時は、速やかに通行確保するため、市役所敷地内を一時的に迂回路として活用した。