HOMEより知りたい人へ > 地域支援 支援物資調達

地域支援

支援物資調達

国土交通省の所管にとらわれず、考えられることは全部やって欲しい」という大臣の強いリーダーシップにより、被災自治体のニーズのもと本格的な通信手段が回復するまでの当分の間、市町村の救援物資調達に着手。

  • 仮設ハウス、仮設トイレ、燃料(軽油、灯油、ガソリン等)、バックホウ等の機械、日用品(おむつ、布団等)、食料品(粉ミルク、缶詰等)などを送付。
  • (社)日本土木工業協会や(社)日本道路建設業協会などの応援を得て調達。H23.3.31までの要望に対する調達状況は以下の通り。
    • 要望のあったのべ品目数:218品目
    • 要望に対する調達度(品目ベース):91%
    • 要望から調達までの平均日数:3日

所管にとらわれない、垣根を越えた物資調達が行われた。

被災された市町村長あてに東北地方整備局長からの一通の手紙が、派遣されていたリエゾン(災害対策現地情報連絡員)から手渡された。そこには、自分を「ヤミ屋のオヤジ」だと思って何でも言いつけてほしい、と書かれていた。すでに「国土交通省の所管事項以外のことでも援助します」と伝えてはいたものの、遠慮される市町村長が多かったため、本気度を伝えようと踏み込んだ、役所の文章には珍しい表現をとった。
それから、多くの市町村長から連絡をいただけるようになり、異例の物資調達が始まった。
仮設ハウス、仮設トイレ、燃料などのほか、生理用品から棺まで、あらゆる物資を用意した。

手渡した手紙

画像
手渡した手紙

平成24年3月22日(火)
被災された市町村の首長さまへ
東北地方整備局長 徳山日出男

 災害復旧、お疲れ様でございます。昨日もお手紙を差し上げましたが、本当に国土交通省の所轄事項以外のことで結構ですので、なんなりとお申し付けください。

 昨日は、こんなこともありました。某市長との会話です・・・。
 私「棺桶でも大丈夫ですよ」 市長「本当にそんなことができるんですか!?」
 実際、各方面に直接電話して、直接買い付けたり、持っている方にお願いしたりしました。

 まだ、「国土交通省の整備局なんだからこんなことは無理だろう」という先入観をお持ちだと思います。大畠国土交通大臣からも「国土交通省の枠を超えて政府代表の局として対応せよ」と言われておりますので、本当に何でも遠慮なく言ってください。
 私のことを「整備局長」と思わず、「ヤミ屋のオヤジ」と思って下さい。いつでもお手伝いさせていただきます。

主な市町村支援物資

仮設ハウス(南三陸町仮庁舎)
仮設トイレ
テント
仮設ハウス(大槌町仮庁舎)
燃料提供(ブルに給油中)
発動発電機(船で搬送)

市町村支援物資一覧表 3月31日現在

品目 総数量 要望
件数
調達済
件数
仮設ハウス 300棟 12 8
カーペット 1,951m2 2 0
断熱材 6,990m2 2 0
仮設トイレ 1,039基 11 11
テント 576張 7 4
埋葬箱 100本 1 1
収納袋 883袋 2 2
ガソリン 11,000L 4 4
軽油 36,740L 17 17
灯油 56,400L 8 8
発動発電機 95基 9 9
通信設備 1台 1 1
衛星電話設置 1式 1 1
バックホウ 6台 2 2
水・茶 31,900本 8 8
日用品・食料品等 1式 22 22
生理用ナプキン 300個 1 1
おむつ
(子供用、大人用)
500個 1 1
ふとん 300組 1 1
洗濯機 30台 2 2
洗剤 20箱 2 2
物干し台・物干し竿 50セット 1 1
パソコン 27台 1 0
アンカー、ワイヤ 109棟分 2 2
シャックル 20個 1 1
台付ワイヤー 20本 1 1
バルーンライト 14台 4 4
テラスター 7台 2 2
投光器 10灯 1 1
ケーブルドラム 22台 3 3
照明車 2台 1 1
チェーンソー 30台 1 1
ヤスリ等 1式 1 1
油脂類 1式 1 1
燃料オイル 1式 1 1
ビニールテープ 10個 1 1
給水車 2台 2 2
給水タンク 4台 1 1
散水車 18台 4 4
品目 総数量 要望
件数
調達済
件数
木杭 8,000本 2 2
給油ポンプ 5本 1 1
ガスボンベ 147本 1 1
木炭 150箱 1 1
2t 1 1
水中ポンプ 7台 3 3
サニーホース 10本 5 5
ユニック車 1台 1 1
ポンプ付替 1式 1 0
ブルーシート 15,627枚 4 4
トラロープ 23巻 3 3
土のう袋 101,551袋 7 7
消石灰 100袋 1 1
アンカー 1,000個 1 1
油吸着マット 50箱 1 1
カラーコーン 360個 3 3
コンパネ 200枚 2 2
赤スプレー 24本 1 1
防水シート 2,000m2 1 1
竹ぼうき 75本 1 1
一輪車 170台 3 2
雨ガッパ 667着 3 3
軍手 30組 1 1
スコップ 740本 6 4
レーキ 20本 1 0
作業服 100着 1 1
長靴 110足 2 2
ゴム手 10組 1 1
懐中電灯 50個 1 0
ヘルメット 140個 2 1
拡声器 32器 2 2
自転車 12台 2 2
スピーカーシステム 7セット 2 1
路面清掃車 1台 1 1
B.H用アタッチメント 1台 1 1
ガレキ処理(人手) 1式 1 1
椅子 16個 1 1
18個 1 1
合計   218 198

通信手段を失った市町村にホームページを開放。

被災した市町村では、通信手段が破壊され有効な情報手段がない状況に。被災地では物資不足に陥り、不自由な生活を強いられているに違いない。そこで、国土交通省 東北地方整備局では、本格的な通信手段が回復するまでの間、ホームページ上に「被災した市町村のための臨時掲示板」を開設した。物資補給に関するニーズなどを発信する掲示板として20市町村が利用、切実な要望が掲載され、全国からの支援物資提供につながった。

画像

<臨時掲示板の世間での反響>

草加市の町内連合会は、「臨時掲示板」で大槌町がランドセルなどの学用品を求めていることが分かり、義援金108万5000円でランドセルを購入し、大槌町の子どもたちに贈ることを決めた。

▲ ページの先頭へ